プリント、印刷について

プリントについて

FirstBallでは【シルクスクリーン】【昇華転写】【カッティング圧着】【刺繍】と、4種類のプリントをする方法があります。
それぞれ仕上がりの風合い・価格が変わってくるので、デザインのイメージに合わせた方法をお選びください。

プリント種類別の特長

シルクスクリーン

シルクスクリーン印刷とは、木枠に絹(シルク)を張って印刷部分以外のシルクを乳剤で隠蔽し、ゴムベラを使って印刷物にインクをこすり落とし印刷します。耐久性に優れ、色あせも起こりにくいプリント方法です。
プリントの色ごとに版が必要となるので、カラー写真のようなものでなく、1色ごとの特色印刷を得意とします。
プリントする量が増えれば増えるほど割安になるので、プリントTシャツでは一般的にシルクスクリーンプリントが使われています。
作成した版を保存いたしますので、同じデザインを再注文する場合は版代がかからないため価格を抑えることができます。

昇華転写

昇華プリントとは、昇華インクを使って転写紙などに印刷した紙に高温の熱をかけることでインクが気化し、繊維に色を浸透させる加工方法です。
生地に浸透させるため、表面には印刷した違和感が全く残らず、風合いがやわらかく、気化した粒子の細かいインクが繊維に染み込むため、写真やCGがきれいに印刷できるのが特徴です。
素材は白生地のポリエステルの入った商品に限定されます。
版を作る必要がない為、多色の場合でも価格は同じです。

カッティング圧着

専用のプリンターで印刷したシートをカットして、プレス機で圧着する方法です。
ユニフォームの背番号などによく使われる加工方法です。
版を作る必要がない為、多色の場合でも価格は同じです。

刺繍

他の加工方法とは異なり、高級感を出す場合には刺繍が最適です。
通常の加工では表現できない独特の質感があるますので、こだわりのある方には刺繍もオススメです。

© 2016 オリジナルTシャツのFirstBall