コラム | オリジナルTシャツのFirstBall

髪型Tシャツ

梅雨はきらいです。
だって、じめじめしてるんだもん。

しかも、梅雨が終わるやいなや、あの灼熱の夏が待ち構えているとなっちゃあ、憂鬱にもなります。

それだけじゃないんす。
日本人の約70パーセントが天然パーマらしいという情報を手に入れました。
そのパーマ感のきつさにはもちろん個人差はありますが、パーマ感のきつい人にはもう、この季節はお手上げなんです。

たとえば、「テレビで見たあの髪形にしたい!」
(全体的にオールバックで、おでこの中心あたりの髪をひと束くらいピヨンとだすやつ。つまりあぶない刑事のあれ。)
と思って整髪剤で整えたとしても、おでこのピヨンとしたひと束が、あらぬ方向にクルクルとまるまっちゃう!

こんな経験を一度や二度は経験したんではないでしょうか。

そんなときはもう、オリジナルTシャツです。
胸からおなかにかけて、憧れの髪型をあしらったイラストのデザインをプリントするんです。
「本当ならばこうなるはずだった。」
という思いがこもったオリジナルTシャツができあがります。
その日の気分や行く場所によって、フォーマルにもカジュアルにも対応できるように、三つから五つの髪型Tシャツはほしいところですね。

これで日本の約70パーセントの天然パーマのみなさんは、悩ましい梅雨の季節をゴキゲンに乗り切ることができるという案。

でも髪型によっては胸毛Tシャツみたいになっちゃいますからね。

カテゴリー:思い出ホロリ

お盆T

いろいろなオリジナルTシャツが作られて売り出されて、ありそでなかったTシャツがありました。
それが【お盆T】。

すでにあります?
ありそうじゃないです?

お盆にお墓参りに行きますよね。
有名な歌の中に「私はそこにはいない」と言われていますので、そこにはいないのでしょう。
でもその近くでビュンビュン吹いている風の中にいるとしたら…。

お線香をあげて手を合わせて感謝の気持ちやいろいろな報告をしても、風速によっては聞き取れません。
「え?今なんつったの?」
なんてことにはなりませんので、報告もおろそかになってしまいます。

ホウ・レン・ソウのホウは報告。(レンはレンジ、ソウはソウトウ高かった。⇒先日買ったレンジは相当高いものでしたとの報告。)

閑話休題

すなわち、報告はオリジナルTシャツでどうですか?っていうことです。
報告すべきこと、感謝の言葉をTシャツにプリントすれば、千の風の中のご先祖様もご満足していただけるででしょう。

そして次の年、一年前のお盆Tを見て今年の成長を確認し、新たな報告をオリジナルTシャツにすることができます。

ご先祖様に報告すると同時に、自分へのメッセージにもなりますよね。

カテゴリー:四方山ばなし

引き出物のTシャツ

以前、友人の結婚式に招待されたときのお話。

新郎も新婦もミュージシャンだということもあって、ライブハウスでの披露宴になりました。
いろんなミュージシャンがステージで歌を歌ったり、ダンスを披露したり、ワッショイワッショイと大変な騒ぎのパーティでした。

夜遅くにパーティも終わり、帰り際に引き出物を出口でいただくシステム。
新しい夫婦から手渡しで紙袋をいただき、ほろ酔いの足取りで帰路につきました。

家に帰り、引き出物を確認すると、一番奥にTシャツが入っていました。
「うわー。」
と思い広げてみると、案の定、夫婦のキメキメのポーズがプリントされたオリジナルTシャツ。

さすがに外へは着ていけないと、タンスの部屋着ゾーンへと収納しましたが、それが良かったのでしょう。
派手な使い方をしなかったせいか、今でも時々袖を通します。

 

やい、君たちはきっと幸せになっているのでしょうね。

カテゴリー:思い出ホロリ

© 2016 オリジナルTシャツのFirstBall